目前日期文章:200706 (7)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要

夏休みのある日。高上家にクロネコ便が届いた。
その中身は、呪布で全身をぐるぐる巻きに拘束された妖しい女の子だった。

abstruse 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

〈やっぱ、相当な美人だな、君って〉
 思わず顔が緩みかけ……、慌てて鏡から目を逸らす。煽てられるのは、白雪姫の役柄じゃない。

abstruse 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

イマドキの少年・透と愛らしい狐の守り神・クーちゃんは、夏休みを満喫中!
と、そこへムビョウと名乗る超ハイテンションな女性が現れ、失くし物『サカサエン』をいっしょに探してほしいと頼むのだが……。

abstruse 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

その昔――、一匹の大霊狐が三槌家の守り神に祀りあげられた。
名を空幻といい、ありとあらゆる術を自在に操る、たいへんに賢しい狐であった。

abstruse 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

聖マルグリット学園の図書館塔の上の上、緑に覆われたその部屋で、妖精のような少女―ヴィクトリカは待っている。自らの退屈を満たしてくれるような、世界の混沌を―。 その少女は語るのみだ。パイプをくゆらせながら。「混沌の欠片を再構成しよう」 そして、たちどころにそのどんな謎も暴く…いや、<言語化>してしまうのだ…という。 西欧の小国・ソヴュールに留学した少年・久城一弥。彼はふとしたことから知り合った少女・ヴィクトリカとともに、郊外に住む古い占い師殺人の謎に挑む。しかし、それはある大きな謎の欠片でしかなかった。捕らわれの姫と、彼女を護る死に神が、幽霊の現れる呪われた船の謎に挑む。色と黒の物語の幕が今、開きます!

abstruse 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()


きっと僕も、一生忘れない。嘘つきで泣き虫で悲しいほど優しい『汚染された人魚』こと海野藻屑― 彼女が必死に撃ち続けた「弾丸」の数々を。起きてしまった事件のことを。
大人になんてなりたくなかった。傲慢で、自分勝手な理屈を振りかざして、くだらない言い訳を繰り返す。そして、見え透いた安い論理で子供を丸め込もうとする。でも、早く大人になりたかった。自分はあまりにも弱く、みじめで戦う手段を持たなかった。このままでは、この小さな町で息が詰まって死んでしまうと分かっていた。どこにも、行く場所がなく、そしてどこかへ逃げたいと思っていた。そんな13歳の二人の少女が出会った。山田なぎさ―片田舎に暮らし、早く卒業し、社会に出たいと思っているリアリスト。海野藻屑―自分ことを人魚だと言い張る少し不思議な転校生の女の子。二人は言葉を交わして、ともに同じ空気を吸い、思いをはせる。全ては生きるために、生き残っていくために―。これは、そんな二人の小さな物語。渾身の青春暗黒ミステリー!

abstruse 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

 

 

abstruse 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

找更多相關文章與討論