きっと僕も、一生忘れない。嘘つきで泣き虫で悲しいほど優しい『汚染された人魚』こと海野藻屑― 彼女が必死に撃ち続けた「弾丸」の数々を。起きてしまった事件のことを。
大人になんてなりたくなかった。傲慢で、自分勝手な理屈を振りかざして、くだらない言い訳を繰り返す。そして、見え透いた安い論理で子供を丸め込もうとする。でも、早く大人になりたかった。自分はあまりにも弱く、みじめで戦う手段を持たなかった。このままでは、この小さな町で息が詰まって死んでしまうと分かっていた。どこにも、行く場所がなく、そしてどこかへ逃げたいと思っていた。そんな13歳の二人の少女が出会った。山田なぎさ―片田舎に暮らし、早く卒業し、社会に出たいと思っているリアリスト。海野藻屑―自分ことを人魚だと言い張る少し不思議な転校生の女の子。二人は言葉を交わして、ともに同じ空気を吸い、思いをはせる。全ては生きるために、生き残っていくために―。これは、そんな二人の小さな物語。渾身の青春暗黒ミステリー!


中文譯名爲糖果子彈的這本書,內容并不像這個書名一般的甜蜜,也不像插畫一般的可愛。相反的,它給人一種很壓抑的感覺。

這是我首次接觸黑暗系的書。

整體只能用震驚來形容。雖然從書的開頭就已經知道了最終的結局,我所一頁頁翻閱的,不過是一條通向這個結局的道路。然而,我完全沒有辦法判斷走這條道路,在岔口時應該選擇哪一個方嚮。無法猜測事件的走向,有一點懸疑的氣氛,故事情節沒有俗套。櫻庭的文筆的確厲害,文章方便閱讀但是每一個細節都交代得很清楚。

主角是兩個個性截然不同的女孩子,一個理想派,一個是現實主義者。起初我是不喜歡藻屑的,她的話語含有尖銳的成分,尤其是對阿渚說的那些。但是,看到一半以後,我對她的看法徹底改觀,開始轉爲對她的不安。這一點和阿渚的想法一樣呢。爲了尋找能够使人安心的地方,兩個人用自己的方式不停地努力著。雖然結局讓人無奈萬分。

稍微注意了一下書帶,發現這本書曾經獲得【這本輕小說真厲害】票選活動第一名,也算是當之無愧。

對于櫻庭寫就的另一系列作品Gosick有一些興趣,手上正好有第一集,什麽時候有空就翻出來看吧。
創作者介紹

櫻歸町

abstruse 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()